- 織田家が息づく   小さな城下町     かいばら - 

 観光まちづくりの会 ホームページ

兵庫県、丹波市柏原町(かいばら)

織田信長の弟、織田信包が、丹波の国の一部であるこの地に所領を与えられたのが慶長3年(1598年)

それ以来、織田家の城下町として栄えてきたのが、この柏原です。

いまも、柏原藩邸跡や織田家の廟所、柏原八幡宮などに、当時の面影が残るこの町は、古い町家や文化財を改装したレストランなどが開店し、細い路地を歩いて行くと歴史スポットが点在しています。

ゆっくりまわっても2〜3時間の小さな城下町なので、歴史に想いを馳せながら、のんびり散策を楽しんでください。



🌹5/25 土曜日開催 かいばら薔薇まつり🌹

【お知らせ】
🌹かいばら雛めぐりの街、かいばら 5/25は薔薇まつりを開催いたします🌹

 

今年もこの季節になりました✨
かいばらといえば、かいバラ🌹織田家ゆかりの城下町でもあり、『薔薇の城下町』
薔薇が町花でもあり、町のあちこちに薔薇の庭園を町の方々で維持されています。

見る👀だけでも若返り効果が高いとされる薔薇🌹
薔薇を眺めながら軽食や紅茶を楽しんでいただける場所や町内にあるミニガーデンツアー(車でのご案内🚗)、薔薇の切り花100円など、薔薇を楽しんでいただけるように今年も薔薇まつりを開催いたします♡

今年は『かいばら100円笑店街』と同時開催ですので、ワンコインや逸品ショッピングをお楽しみいただきながら、町内の薔薇🌹も楽しんでいただけると思います。

薔薇🌹めぐり、ショッピング🛍、グルメ🍴に、町歩き🚶‍♂️

是非とも、かいばらに遊びにいらしてくださいませ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
🌹かいばら薔薇まつり🌹+✨かいばら100円笑店街同時開催✨

開催時期 2019年5月25日 土曜日 10時から開催(終了予定時刻14時以降)
開催場所 軽食や紅茶 柏原自治会館(兵庫県丹波市柏原町柏原525-5)
🚗薔薇のミニガーデンを車でご案内いたします🚗

紅茶セット☕️ 300円 スリランカ高級🇱🇰茶葉 ムレスナティーを使用したセットをご用意しております。
軽食はサンドイッチ🥪(200円)や焼きそば(300円)、小さなおうどん(100円)、甘酒なども同時会場にて販売しております。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最寄り駅 JR福知山線 柏原駅 下車
MAP /地図 柏原駅 (かいばら)
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原
https://goo.gl/maps/6vv2ScD7Y8w

JRで
「大阪駅」(JR福知山線)から特急70分、「神戸」から神戸電鉄三田駅経由100分
           
自動車・バスで
新大阪から
中国自動車道利用90分
国道175号・176号利用
舞鶴若狭自動車道、春日I.C利用中国自動車道、滝野社I.Cより30分
神戸三宮から特急バスで120分

 

丹波市の交通情報はこちら http://www.city.tamba.lg.jp/life/3/19/102/

 


🌸美しいつるし雛を愛で、つるし雛を作る🌸
🎎丹波かいばら雛めぐり🎎

春の訪れを知らせる行事として親しまれているひな祭り。
丹波かいばら雛めぐりは、町の文化財、玄関先や店先に飾った「雛人形」を町をめぐりながら楽しんでいただく催しとして始まり、今年で”3回目”となりました。

⭐︎雛めぐりで大人気⭐︎

「つるし雛パーツづくりのワークショップ」

かいばらは、バラの街でもあり、

4月はさくら祭り、5月はバラ祭り。
8月はふるさと柏原夏まつり、10月は柏原藩織田まつり、

2月は厄除け大祭、3月は丹波かいばら雛めぐりと、一年を通してお祭りが行われている華やかな城下町です。

 

3/31開催終了 🎎丹波かいばら雛めぐり🎎

今年は2回目の丹波かいばら雛めぐり。
丹波市内だけではなく、多くの方々が地域外からお越しくださりありがとうございました😊

来年はオリンピックイヤーの2020年の3月に開催予定です🌸

今後とも丹波かいばら雛めぐりを宜しくお願いいたします。

 

◆ 柏原自治協議会 0795-73-0198


🍙城下町名店食べ歩きツアーご飯編🍱
▪️3/30 11:00〜15:00頃まで 
▪️参加費 3000円 (要予約) ※先着順
予約先: 柏原自治協議会 0795-73-0198
▪️ツアー内容 ひな巡り&名所ご案内(ガイド付き)、名店つまみ食い(7箇所)、ひな御膳付き(3店舗の美味しいもの)、お庭眺めての抹茶席あり

 🔸http://bit.ly/2tBE03H

🍰まちなかスイーツめぐり🍨
▪️3/31 13:00〜15:00頃まで
▪️参加費 2300円 (要予約) ※先着順
予約先: 柏原自治協議会 0795-73-0198
▪️ツアー内容 ひな巡り&名所ご案内(ガイド付き)、名店の小さなお菓子一品をいただく(5箇所)、ル・クロのスイーツプレート付き(ドリンクも)
※名店食べ歩きツアーご飯編より2時間の短めのツアーになります。

◆主催 丹波かいばら雛めぐり実行委員会(柏原自治協議会/新井自治協議会/観光まちづくりの会/(株)まちづくり柏原/商工会柏原支部)
◆後援 兵庫県丹波県民局 ・丹波市・ 丹波市教育委員会 ・丹波市商工会 ・丹波市観光協会・丹波新聞社・神戸新聞社

 


兵庫県丹波市柏原町(かいばら)。
織田家ゆかりの城下町として栄えたこの町に現存する隠れた名所として、池泉回遊式庭園『一青堂庭園』、書院式茶室『幽石軒庭園』など、雛めぐりにあわせて特別公開しております。

是非ともお越しくださいませ。

ーーーーーーーーーー

一青堂庭園(明治時代)
▪️特別公開日 3/21 〜3/31 10:00~16:00
↓↓グーグルマップ ↓↓
一青堂庭園(丹波・篠山酒造組合の管理の庭になります)
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原3471−1
TEL: 0795-72-0306
https://goo.gl/maps/R99r2cgu2SD2

六進軒庭園 春のお茶会 
◆開催日程 3/24(日) 3/30(土) (席数に限りがございます。)
◆ 開催時間 10:00~16:00
◆呈茶 300円
※場所は丹波新聞社のすぐ隣です。
グーグルマップは丹波新聞社を指しています。
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原201
https://goo.gl/maps/uCiSAUUBDnT2

 


幽石軒庭園< 江戸時代 >
▪️特別公開日 3/21 〜3/31 10:00~16:00
↓↓グーグルマップ ↓↓
幽石軒庭園(個人宅のお庭ですのでマナーを守り美しくご観覧くださいませ)
〒669-3301 兵庫県丹波市柏原町南多田1049
https://goo.gl/maps/3R5GZWobKAD2

 

<丹波かいばら雛めぐり>
~織田家ゆかりの城下町、ちょっと大人な雛めぐり~

公式Facebook ☆新情報更新中
https://ja-jp.facebook.com/tamba.kaibara.hinamegury/

◽︎開催日程 平成31年3月21日〜3月31日
◽︎開催場所 兵庫県丹波市柏原町内(柏原城下町内&新井ふれあいセンターなど)
◽︎最寄り駅 JR福知山線 柏原駅 下車すぐ
↓↓グーグルマップ柏原駅↓↓
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原


https://goo.gl/maps/6vv2ScD7Y8w

 

 



柏原藩織田まつり前夜祭

かいばらライトアップ2018

 

10月6日・7日織田祭り前夜祭で、昨年に続き市街地ライトアップ&キャンドルライトを今年も行います。7日には能楽との饗宴で午後7時から柏原藩邸でライトアップ能のイベント。
黎明館では、プロジェクションマッピングも開催します。

『ロマンあふれる まち歩き 城下町かいばら』

  ふだんと雰囲気のちがう、美しい夜

「かいばら」を ぜひご堪能ください!

 

<開催日程 10月6日(土)7日(日)>

兵庫県丹波市柏原町柏原 

柏原八幡宮周辺・柏原藩邸跡など

⚫︎たんば黎明館 プロジェクションマッピング (各回約15分・予定時間は多少ずれることがあります)
上映時間 10/6 18:00~18:30~19:00~19:30~の4回
     10/7 18:00~18:30~20:00~20:30~の4回

⚫︎木の根橋・柏原藩陣屋跡 ライトアップ
ライトアップ時間 18:00~21:00

⚫︎大手通り・大手通り公演・みなと銀行 キャンドルライト
ライトアップ時間 18:00~21:00 

問合せ:かいばら観光案内所 

 ℡ 0795-73-0303
主 催:観光まちづくりの会 



織田まつり前夜祭ライトアップ「能」~敦盛

織田藩織田まつり前夜祭の特別企画として、今年は丹波市氷上町在住の能楽師 上田敦史氏監修のもと、柏原藩陣屋跡で、1時間たっぷりと能を上演いたします。

幽玄の舞台で演じられる至高のひとときを是非お楽しみください。

 ⚫︎ライトアップ「能」
<日 時> 10月7日(日) 19:00~20:00
<演 目> 敦盛 ほか
<会 場> 柏原藩陣屋跡 

      丹波市柏原町柏原672

<問合せ>かいばら観光案内所 

 TEL:0795-73-0303
 

主催:観光まちづくりの会 

 

能楽大倉流小鼓方の上田敦史さん

 国重要無形文化財保持者に

 

 

2017年07月30日  丹波新聞 へはコチラから

敦盛(あつもり)

について

<あらすじ>源氏の武将、熊谷次郎直実(くまがいのじろうなおざね)は、一の谷の合戦で年端も行かない平敦盛(たいらのあつもり)を討ち取ったのですが、あまりの痛ましさに無常を感じ、出家して蓮生(れんしょう・れんせい)と名乗りました。敦盛の菩提を弔うために一の谷を訪れた蓮生が回想にふけっていると、笛の音が聴こえ草刈男たちが現れます。蓮生が、話しかけると、中のひとりが笛にまつわる話をします。

蓮生が不審に思うと、男は、「自分は敦盛に縁のある者で、十念(じゅうねん)〔「南無阿弥陀仏」と十回唱えること〕を授けて欲しい」と話します。蓮生が経をあげると、男は、敦盛の化身であることをほのめかして姿を消しました。


【丹波かいばら雛めぐり】

◆開催日程 3月24日~3月31日
◆開催時間 10時~16時まで
◆開催場所 兵庫県丹波市柏原町

~織田家ゆかりの城下町、ちょっと大人な雛めぐり~

公式Facebook ☆新情報更新中
https://ja-jp.facebook.com/tamba.kaibara.hinamegury/

開催日程  平成31年3月21日〜3月31日

開催場所 兵庫県丹波市柏原町内(柏原城下町内&新井ふれあいセンターなど)

最寄り駅 JR福知山線 柏原駅 下車すぐ

◆主催 かいばら雛めぐり実行委員会
(柏原自治協議会 ・観光まちづくりの会・まちづくり柏原・商工会柏原支部)
この4団体と協力をし、実行委員会を立ち上げております。

◆後援 丹波県民局 丹波市 丹波市教育委員会 丹波市商工会 丹波市観光協会

◆お問い合わせ 柏原自治協議会 0795-73-0198



柏原藩 織田まつり

うまいもんフェスタ

柏原は織田信長の子孫が治めた織田家ゆかりの城下町。2017年も織田信長候末裔第18代織田信孝氏が殿様役で出演。また柏原藩初代藩主織田信包が養育した浅井三姉妹(茶々・初・江)に扮した女性達が行列に華を添えます。約100名の時代行列が勇壮な時代絵巻を繰り広げ、柏原の街中を練り歩きます。また、丹波の味覚をテーマにした「丹波かいばらうまいもんフェスタ」も同時開催され賑わいます。

 

武者行列の動画はこちら

 

開催日程 10月9日 (月・祝)

兵庫県丹波市柏原町柏原 柏原八幡宮周辺・柏原藩邸跡

主催:織田まつり・うまいもんフェスタ実行委員会

(観光まちづくりの会)


柏原(かいばら)

厄除大祭

丹波に春を告げる柏原厄除大祭。「柏原『三たん隋一の厄神さん』として知られる丹波柏原八幡宮(たんば かいばら はちまんぐう)。今年も二月十七日(日)・十八日(月)の両日柏原厄除大祭が開催されます。厄除大祭は、十七日が宵宮、十八日が本宮で、厄払いを祈願する多くの人出で賑わいます。
_______________________

 

柏原八幡宮 厄除大祭「青山祭壇の儀」

毎年2月18日午前0時に行われる暗闇の神事。神事の冒頭、本殿で神官の人たちが祝詞をあげていきます。

 

開催日程 2018年2月17日18日

丹波柏原八幡宮・兵庫県丹波市柏原町柏原町内

 ___________________

お問い合わせ 

0795-72-0156(丹波柏原八幡宮)

0795-73-0303(かいばら観光案内所)

080-1454-1749(観光まちづくりの会)

  

主催:丹波柏原八幡宮・観光まちづくりの会・丹波市商工会柏原支部


かいばら

薔薇まつり2017

〜美しいバラの庭を探して〜

初めて「薔薇まつり」を開催いたします。鮮やかで香り豊かな薔薇を是非見に来てください。5月14日は、柏原自治会館の広場にてテーブル席を作り、旬の素材を使用したおすすめの「薔薇のランチプレート」、丹波らしいお菓子を2種盛り合わせた「薔薇のスイーツセット」をお愉しみいただけます。

※それぞれ無くなり次第終了とさせていただきます。

 ___________________

開催日程 2017年5月14日(日)

兵庫県丹波市柏原町柏原525-5

柏原自治会館

主催:観光まちづくり協議会 観光まちづくりの会


 鐘ヶ坂公園

さくらまつり

鐘ヶ坂公園は、「丹波吉野」と呼ばれる桜の名所。丹波市100選桜の名所部門選定の一部としてにも選ばれています。丹波市と篠山市の境にある鐘ヶ坂峠には現在3本のトンネルが掘られています。明治、昭和、平成にそれぞれ新たなトンネルが建設され、同一の峠に別途3つのトンネルが設置されるという、全国的にも珍しい箇所となっています。

_____________________________________

 

一番古い鐘ケ坂隧道は通称『明治トンネル』。レンガ積み工法のトンネルとしては日本最古。その麓にある公園は明治のトンネルの開通を記念して桜が植栽され、桜の名所となっています。他にももみじもたくさん植栽され秋の紅葉も楽しめます。

 

か い ば ら

ライトアップ 2017

2016年12月に関西学院大学生たちと共に初めてのかいばらイルミネーションイベント”かいばらいと”を実施。

今年は10月7日8日の二日間、柏原町内の名所を関西学院大学生たちと共に再び、イルミネーションで「ロマンあふれるまちあるき」に。

 

⚫︎柏原町内 城下町ライトアップ

ライトアップ時間 18:00~21:00

⚫︎黎明館 プロジェクションマッピング

上映時間 18:30~   19:00~の2回

 _________________________________________

 

開催日程 10月7日(土)8日(日)

兵庫県丹波市柏原町柏原 柏原八幡宮周辺・柏原藩邸跡・柏原支所・大手筋など

※黎明館では関西学院大学生によるプロジェクションマッピングを行う予定です。

主催:観光まちづくりの会


かいばら

雛めぐり2018

丹波の地に眠る、江戸、明治、大正、昭和、平成までのお雛様を一堂に見ることができるかいばら雛めぐり

 

2017年4月1日に初めて行ったプレイベントかいばら雛めぐり。「かいばら100円笑店街」との同時開催により、多くの方々にお越しいただくことが出来ました。

2018年3月も引き続き、丹波市柏原町にて「丹波かいばら雛めぐり」を開催することとなりました。今回も「かいばら100円笑店街」との同時開催となります。

雛めぐりに、お買い物に、町歩きにととても楽しいイベントになっておりますので、どうぞお越しくださいませ。

 _______________________

開催日程 2018年3月末

兵庫県丹波市柏原町柏原町内

主催:柏原自治協議会(観光まちづくりの会)


ふるさと

柏原(かいばら)夏祭り

2017

1988年から毎年お盆時期に、 柏原地域で実施されてきた、 「ふるさと柏原夏祭り」。西市庭広場(柏原八幡宮横)を会場に、ゆかたまつりやビンゴ、 ライブ演奏、キッズダンス、スイカ割り、あまごつかみ、盆踊りなど、さまざまな催しが繰り広げられます。お好み焼や焼きそば、から揚げなどの夜店も並び、家族連れなどで是非ともお越しくださいませ

 _______________________

開催日程 2017年8月13日

兵庫県丹波市柏原町柏原 柏原八幡宮周辺

JR福知山線「柏原駅」から徒歩5分

 

主催:ふるさと柏原夏まつり実行委員会

(観光まちづくりの会)

 

<さいもん踊り>


バラの町 かいばら


「カッコイイ織田まつりを目指して」

織田まつり実行委員会では織田まつりへの若者の参画に向けて高校生たちとの意見交換の場をつくり、高校生たちの「参加しよう」と思えるイベントとして茶ッカソン開催しました。詳しくは>伊藤園 茶ッカソンin 柏原

 

伊藤園 茶ッカソン
最優秀賞「宝箱まつり あきやんチーム」

[Cool(カッコイイ)なイベントを考えよう!]  をテーマにパワースポット・出会いがある・地域に貢献する。を軸に地域における空き家対策を深め、高校生が主体となって街づくりを行うといった内容。スタンプラリーやゆるキャラも描かれるなど愛情がわく、楽しいイベントアイデアを発表してくれました。街づくりを次世代に託していきたいという主催者の思いを高校生

 

丹波市ゆるキャラ 丹波竜:ちーたん


癒しの森 温森舘(おんしんかん)女性専科 兵庫県 / 丹波市


花のワークショップ

丹波 暮らしのテーブル

丹波市柏原町(かいばら)は、<バラが溢れる城下町>を目指し、バラの花を育てようという住民の熱意により、「かいバラ友の会」が2016年10月に結成された。市民一人ひとりがローズマインドを持って豊かな暮らしにつなげるため、花を身近に感じ、花とともに暮らすをコンセプトにしたワークショップ【丹波 暮らしのテーブル】を開催いたします。バラのお手入れとともに、是非ともご参加くださいませ。

9月初秋の酵素シロップ作りのはこちら

10月季節の美味しい紅茶の淹れ方はこちら

12月の 食べる花、飾る花。エディブルフラワー デコレーション講座はこちら


学生が積極的な町 

かいばら

『若者に魅力あるまちに』    

『勇気をもって若者に任せてみよう!』

 

<学生との取り組み事例>

2017年 5月〜

⚫︎柏原高校知能探求コース 2年1組

柏原夏まつり&織田まつりとの連携

丹波新聞に掲載

カレーで地域の宝発信

柏原高校生「知の探求コース」
柏原産食材たっぷり
足立会長「高校生が地元に興味をもってくれてうれしい。カレーづくり積極的に手早くできたので頼もしい」と言い詳しくは、コチラから▶️


🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

[広告枠]

DVD リリース 発売・販売元:ギャガ
© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL - FRANCE 3 CINÉMA - RHÔNE - ALPES CINÉMA 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸


丹波市6町連携



MAP




丹波市観光協会


かいばら観光案内所



お知らせ




 自然に恵まれた丹波の地で、創業70年余、老舗日本料理店を営んでおります「喜作」でございます。昭和14年に初代が小料理店を創め現在四代目。先代から受け継がれた「喜作の味・真心込めたおもてなし」を会社の理念といたしております。

毎日、新鮮な魚介類・地元の野菜を仕入れ、豊富な自然の恵みに感謝しながら、素材を

最大限に生かした料理を、一品一品提供しております。https://www.tanba-kisaku.jp  
    http://tanba.or.jp/member/kisaku/



                http://www.kaibara.org/pc/

『ロマン

      城下町

かいばら』

私たち株式会社まちづくり柏原は「地域独自の歴史・生活文化を大切にする、しっとりと落ち着いたまち」を目指してまちづくりに取り組んでいます。同時に生活者の新しいニーズに応えられるソフト・ハード事業を総合的かつ継続して行うことによって、「丹波市らしさ」を 表現し、「住民が愛着と誇りを抱くまち」になることを目指しています。

我がまちへの愛着や誇りが高まり、色々な活動が生まれることでまちの魅力が輝きだし、その魅力が多くの人々を惹きつけ、柏原を訪れる人や新しい住民を増やす効果を狙います。私たちは地域開発のプロデューサーとして、住民、商業者、行政をはじめとする多くの人々と連携し、精力的にまちづくりを進めていきます。柏原を愛する皆様のご理解とご参画をどうぞよろしくお願いいたします。


観光まちづくりの会について

”丹波の本物を発信する観光組織”

<事業内容>

1)「厄除大祭」「桜まつり」「ふるさと柏原夏まつり」「織田まつり&うまいもんフェスタ」「もみじまつり」など、柏原町内のイベント・まつりの実施運営

 

2)四季を通じた見どころ紹介、味覚どころ、丹波市観光の魅力を紹介する

 

3)”バラが溢れる城下町 かいばら”。バラの花がお出迎えする魅力溢れる景観作り

 

4)都市との交流事業を基に、産業の発展を目指す

 

5)芸術・文化の匠、食の匠との連携を行い、新たな町の魅力発信、及び、商材開発を行う


観光まちづくりの会

所在地:〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原525-5

電話番号:080-1454-1749

会長:足立 陽司